前へ
次へ

義務教育学校に通って学ぶメリット

小学校と中学校を一つの学校とし9年間の教育を実施する学校のことを義務教育学校と呼びますが、この学校の最も大きな特徴は9年間一貫した教育が行なわれるというものです。
義務教育学校に通って学ぶことには数多くのメリットがありますが、その一つは小学校と中学校の間のギャップを緩和したり解消したりできるということです。
一般的に言って、小学校から中学校に変わる時には、学習環境や生活環境に加えて人間関係も大きく変化するため、子供たちはその大きなギャップについていくのを難しく感じることが多いと言われています。
この点、9年間を一つの学校で過ごす義務教育学校なら、それほど大きな変化を経験せずに小学校教育から中学校教育へと円滑に移行させることができるでしょう。
さらに、義務教育学校では9年間にわたり継続的な指導が行なわれることになっています。
そのため、教師たちの間で生徒の情報を共有することが容易になり、一人ひとりの生徒に応じたきめ細やかで一貫した指導が行なわれるというメリットもあります。

Page Top